バナナ酢の特徴

濃厚なバナナ果汁に黒酢をプラス
バナナ黒酢

バナナ酢は、料理研究家の村上祥子さんが考案した飲料で、作り方には様々なバリエーションが存在します。
材料のバナナには大きく4つの効能があります。バナナの効能の1つは便秘の改善効果です。そしてバナナにはオリゴ糖が豊富に含まれています。オリゴ糖には腸内に生息する善玉菌のえさとして善玉菌を強くする働きがあります。さらにバナナの効能の1つには美肌効果があります。バナナにはビタミンBが豊富に含まれています。ビタミンBは人体の細胞における新陳代謝に必要不可欠な物質であり、バナナにはおよそ0.05mgのビタミンB1、0.04gのビタミンB2、0.38gのビタミンB6が含まれています。

バナナ酢の材料

バナナ酢の代表的な材料はバナナ、黒砂糖、黒酢です。用いる酢は特に健康に良いとされる黒酢にこだわらなくても良いようです。作ってから2週間でバナナは取り出したほうが良いとのこと。バナナ酢は一年間は腐らないとされています。
また、材料の黒砂糖には大きく2つの効能があります。黒砂糖の効能はミネラルの補給です。黒砂糖の効能はバナナ酢へのコクとうまみを加える働きがあります。そして黒砂糖は精製されていないためうまみ成分が豊富であるようです。

ダイエットに効果的なバナナ酢

バナナ酢は、インターネットでも多くのサイトが紹介しています。またTV番組のはなまるマーケットでも紹介されたことがあり大々的な人気になりました。バナナ酢の一番の魅力はダイエットに効果的な飲み物であるということでしょう。

バナナ酢の作り方

バナナ酢作り方はすごく簡単です。
作り方も全然難しいことはありません。 材料:
バナナ 1本(100g)
黒砂糖 100g
黒酢 200cc
たったのこれだけ、瓶にそそいでレンジで30秒 蓋をして翌日には飲むことができます。

バナナ酢の効果

黒酢が効く
 黒酢に豊富に含まれる酢酸は、脂肪や糖分をエネルギーに変える「クエン酸回路」というしくみを活発にしてくれます。この働きで疲労が早く回復し、さらに体脂肪の分解が促されてダイエット効果が生まれるのです。

バナナが効く
 ペクチンで毒だし、オリゴ糖で便秘改善、ビタミンB群で美肌に、カリウムで高血圧予防にすごく効果的です。

黒糖が効く
 ダイエットで不足しがちなミネラルを補給し、コクとうまみをプラスします

バナナ酢とメタボ

バナナ酢は「良薬の総合商社」と言われるように、便秘を改善してデトックスに効果的です。デトックスが効果的に行われると言うことは、体内の毒素が排出されて血行がサラサラになり新陳代謝が良くなります。そして、内臓脂肪の割合が減少していきます。高血圧症や血栓症などを改善して美しく健康な生活を呼び戻してくれるのです。
すなわち、バナナ酢はメタポリックシンドロームを治療していくための「正の連鎖反応」を引き起こしていくのです。

市販バナナ酢の飲み方

牛乳1000ccにバナナ酢を大さじ1(15cc)を加えると、飲むヨーグルト風で飲み易いです。お好みで豆乳や野菜ジュースで割ってもよし、ヨーグルトにかけてもおいしく頂くことができます。
また、バナナ酢を豆乳と牛乳とで割って飲む方法もあります。豆乳を大さじ2〜3加えるだけで、さらに味がマイルドになって飲み易いです。
ストレートで飲む場合、3倍〜5倍程度に水で希釈すると飲みやすいです。バナナ酢は朝食時にピッタリです。トーストと果実など一緒に摂るとダイエットと健康には効果的です。

スポンサードリンク

バナナ黒酢とバナナ酢の違い

バナナ酢がさらにパワーアップしたバナナ黒酢は、バナナと黒酢の相乗効果を生かした最強のデトックスドリンクと言われています。黒酢には、アミノ酸が豊富に含まれています。黒酢には、ドロドロ血液をサラサラにする力もあるので、普通のバナナ酢よりも効果が期待できます。